職業野球を追いかけて

引退・戦力外・自由契約になったプロ野球選手を紹介したり、トレードやドラフトなどの各種データを掲載するブログです。

コラム

2017年アジア・ウインターリーグ出場選手紹介!(part1)

headlines.yahoo.co.jp アジア・ウインターリーグが開幕! こんにちは! 今、台湾では「アジア・ウインターリーグ」が開催されています。これは6チームのリーグ戦で行われるもので、日本からはイースタンリーグ選抜とウエスタンリーグ選抜、社会人野球選抜の…

DeNA戦力外の山崎憲晴が阪神へ!獲得は成功と言える理由を紹介

山崎憲晴が阪神へ! 阪神タイガース 2018年 カレンダー 壁掛け A2 出版社/メーカー: トライエックス 発売日: 2017/12/02 メディア: オフィス用品 この商品を含むブログを見る 阪神がDeNAを戦力外となった、山崎憲晴を獲得することがわかりました! 山崎憲晴…

【プロ野球】12球団の2018年度版カレンダーを紹介!選手限定カレンダーも!?

こんにちは! いよいよ2017年も残すところ、あと1ヶ月半になってきましたね! もう少しで2018年となってしまいます。 というわけで、今回はそろそろ買っておかなければいけない、2018年度のプロ野球カレンダーを紹介します!

西武・野上亮磨がFA表明!獲得球団は阪神?DeNA?

野上亮磨FAのニュース 西武の野上亮磨がFAを宣言しました! 野上亮磨は今季国内FA権を取得しており、移籍する球団は「セ・パ12球団OK」とのことです。手を挙げる球団があれば、どの球団にも移籍する可能性はありますね。 また、宣言残留の可能性も認めており…

歴代カムバック賞受賞者一覧 選手紹介(part1)

iPhone7 iPhone6s iPhone6 ケース 中日ドラゴンズ 承認 背番号(13) 岩瀬 仁紀モデル Homeユニフォーム [ホワイト] 出版社/メーカー: iQLabo メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログを見る こんにちは! 中日の岩瀬仁紀が、カムバック賞を受賞しま…

横浜DeNAが中川大志を獲得!?二軍の帝王は活躍できるか?

横浜DeNAが中川大志を獲得! 横浜DeNAが、楽天から戦力外通告を受けた中川大志の獲得を考えていることがわかりました! 中川大志は、2008年にドラフト2位で楽天に指名された、27歳の内野手です。2009年から2017年まで同球団でプレーし、通算で118試合に出場…

【ヤクルト】ソフトバンク戦力外の山田大樹を獲得!?西武や阪神も獲得調査か?

ヤクルト、山田大樹を獲得か!? ヤクルトがソフトバンクを自由契約となった山田大樹投手の獲得を狙っていることがわかりました! 山田大樹選手は、今季ソフトバンクを自由契約となった左腕です。通算70試合に登板して、通算24勝26敗という実績があり、先発…

【DeNA】元ソフトバンクのバリオスが入団!経歴は?変化球は?17試合連続ホールドって?

バリオス投手、DeNAに! 2011年から2016年までソフトバンクに在籍していた、エディソン・バリオス投手が、横浜DeNAベイスターズに入団することがわかりました! バリオス投手は、2015年に30試合に登板して20ホールド、防御率3.18を記録したこともあり、実績…

【日本ハム】巨人戦力外の実松が復帰か?日本ハムの捕手事情は?

こんにちは! 日本ハムが巨人から戦力外通告を受けた実松一成選手を獲得するという報道がありました。実松一成選手はもともと日本ハムでプレーしていた経験があります。 日本ハムは昨季もトレードで黒羽根利規選手を獲得しています。果たしてそんなに捕手が…

【日本ハム】新外国人投手、トンキンと契約を結ぶ!守護神候補か!?

日本ハムが新外国人投手、マイケル・トンキンと2年・2億4千万円で契約が合意したことがわかりました! トンキン投手は身長201cm、体重100kgの大型投手です。報道によると、抑えとして起用される見込みとのことです。 では、現在日本ハムでリリーフとして活躍…

大隣憲司投手をヤクルトが獲得!? 広島が獲得の可能性も?

ヤクルトが大隣投手を獲得? ヤクルトが、ソフトバンクを戦力外となった大隣憲司投手の獲得を考えているという報道がありました。 大隣投手は、2006年に大社希望枠でソフトバンクに入団。2年目の2008年に11勝8敗を記録し、2012年には12勝8敗の成績を残すなど…

【プロ野球】鴨川で行われたロッテの紅白戦に行ってきました!

こんにちは! 2017年11月5日に鴨川市営球場で行われた、ロッテの紅白戦に行ってきました! 今回はその模様をレポートしたいと思います。

【プロ野球】阪神・大和がFA!?どこの球団に行くのか?オリックス?

大和選手、オリックスに移籍か!? 阪神の大和選手が、FA移籍することが濃厚になってきました。 大和選手の獲得を狙っている一番の球団は、どこでしょうか。個人的にはオリックスと思っています。。オリックスは、二塁手と遊撃手をなかなか固定できておらず…

鶴岡慎也捕手がFA移籍を発表!ソフトバンクの捕手事情はどうなっている?

鶴岡選手がFA移籍!? ソフトバンクの鶴岡慎也捕手が、FAを宣言することがわかりました。 元々鶴岡選手は2013年のオフにFA兼を行使して、日本ハムからソフトバンクに移籍しており、今回で2度目のFA権行使となります。 鶴岡選手の今季の出場数は29試合(捕手…

高校生、大学生、社会人…2017年ドラフト各球団の指名割合から見えるもの

ドラフト指名選手の割合 26日、2017年ドラフト会議が終了した。今年の目玉選手・清宮幸太郎(早実)は、日本ハムが交渉権を得た。また、社会人No.1左腕と呼ばれている田嶋大樹(JR東日本)は、オリックスがくじを引き当てた。 今季支配下ドラフトで指名され…

月間MVP受賞者を振り返れば、今季プロ野球の出来事が見えてくる!

9・10月の月間MVPは… 17日、セ・パ両リーグは9・10月の「日本生命月間MVP」を発表した。 今回受賞したのは、菅野智之(巨人)、松山竜平(広島)、菊池雄星(西武)、山川穂高(西武)。松山と菊池は初受賞となり、菅野は今季3度目(通算5度目)、山川は今季…

ズバズバと冴えたラミレス采配。CSでの継投と代打を振り返る

ずばずばと決まった采配 DeNAはマツダスタジアムで行われた広島とのクライマックスシリーズファイナルステージを4勝2敗で下し、日本シリーズ進出を決めた。 このクライマックスシリーズファイナルステージでは、ラミレス監督による細かい継投や選手交代の采…

SB・和田毅は巨人・杉内と並ぶ“負けない投手”だ!

ソフトバンクのベテラン左腕に注意? いよいよ日本シリーズが目前に迫った。 クライマックスシリーズでは5回5失点と打ち込まれたが、日本シリーズでの活躍が期待される投手が和田毅だ。2016年の交流戦ではDeNAを相手に1試合投げて1勝、防御率1.29と好投を見…

まもなくドラフト! U-18に選ばれた、あの選手の進路は?

プロ志望届が締め切り 日本高等学校野球連盟は12日、プロ入りを希望する選手に義務付ける「プロ野球志望届」の提出を締め切った。今季、高校生で「プロ野球志望届」を提出した選手は106人。どの選手が指名されるのか、ドラフトを楽しみに待ちたいところだ。 …

まもなくドラフト!国公立大からは宮台以外にも提出者が

経歴が気になる大学生も? 全日本大学野球連盟は12日、「プロ志望届」の提出を締め切った。今季は104人の選手が提出した。 提出された選手の中で注目されている者は多いが、その中でも経歴が目立つのは東京大学の左腕、宮台康平だろう。2014年に京都大学出身…

“もう1人のドラフト1位”…育成1位指名選手の1年目の成績は?

各チームのドラ1選手成績は? レギュラーシーズンが終了し、全選手の今季の成績が決定した。 各部門のタイトルが決定し、新人王やゴールデングラブ賞、ベストナイン賞などの表彰選手の発表も気になってくる頃だ。 今季はパ・リーグが源田壮亮(西武)と山岡…

3本目の本塁打を記録したウィーランドは、ひさびさに現れた“ホームランピッチャー”

好投はならずも… 5回を投げて被安打10、7失点(自責点6)。 通常であれば負けていてもおかしくない成績だ。しかし、ウィーランドはこの成績で白星を挙げた。 1日、横浜スタジアムで行われたDeNA対広島戦は、DeNAが13対7で勝利した。この試合では4番・筒香嘉…

楽天・久保が自由契約に…結果を残すも契約を結ばれない中継ぎ投手の苦悩

2人の苦労人が自由契約に 楽天は7日、久保裕也と宮川将と来季の契約を結ばない旨を発表した。 久保は昨オフ、DeNAから戦力外通告を受け、テストを経て楽天に入団。今季は27試合に登板して3勝1敗、防御率3.60の成績を残していた。ここまで2年連続で自由契約と…

トレード期限終了から1ヶ月経過 各選手の移籍先での成績は?

トレード期限から1ヶ月 トレード期限最終日の7月31日から、既に1ヶ月が過ぎた。 今季は、クルーズ(巨人→楽天)と谷元圭介(日本ハム→中日)の金銭トレードなど、電撃的な移籍が多かった。期限から1ヶ月が過ぎ、シーズンも佳境に入る中で、移籍した選手はど…

ヤクルト二軍、7月に起きた人数不足と惨状

東京ヤクルト・スワローズにとって、辛い時期が続いた7月が終わった。 7月1日から7月21日にかけて、1引き分けを挟んで悪夢の14連敗。これは、球団では1970年以来、47年ぶりの出来事だった。しかしその間に、困窮していたのがヤクルト二軍だ。

ヤクルト・大松尚逸から見る、サヨナラ本塁打記録

少し前の話だが、大松尚逸が7月26日の中日戦で代打サヨナラ本塁打を放った。大松の代打サヨナラ本塁打は5月9日に放って以来、2本目。しかも今回は10点差大逆転を締めくくる、価値ある一発だった。この大松の記録を見てみたい。

ペーニャがロッテ入団 かつての出戻り外国人選手を振り返る

長距離砲を獲得 6日、ロッテはウィリー・モー・ペーニャの入団を発表した。 ペーニャは2012年から2015年までNPBに在籍。12年〜13年をソフトバンク、14年をオリックス、15年を楽天で過ごした。14年には140試合に出場して打率.255(502-128)、32本塁打、90打…

疲労、故障、離脱…。昨季活躍したリリーフ投手の苦悩

ルーキーリリーフの活躍 プロ1年目のリリーフ投手が頑張っている。 ドラフト5位ルーキー、森原康平(楽天)はリーグ1位タイの27試合に登板。チームはまだ48試合しか消化していないのだから、ここまで半分以上の試合で投げていることになる。さらにドラフト4…

“8番・投手”がごく普通に見られていた50年代プロ野球(1)

DeNAの”奇策”が止まらない。ラミレス監督の”8番・投手”作戦は、5月4日から28日まで21試合連続で行われている。

豪速球投手が二軍で初勝利 どこか憎めない右腕のこれから

がんばれ!ナカツカくん!? 『がんばれ!!タブチくん!!』という漫画がある。 いしいひさいち氏が描いたこの漫画は、現在解説者を務める田淵幸一氏をモデルにしたキャラクター「タブチくん」が主人公を務めるコメディだ。 西武のドラフト2位ルーキー、中…