職業野球を追いかけて

引退・戦力外・自由契約になったプロ野球選手を紹介したり、トレードやドラフトなどの各種データを掲載するブログです。

【プロ野球】鴨川で行われたロッテの紅白戦に行ってきました!

f:id:tomasonkarimura:20171106133033j:plain

こんにちは!

 

2017年11月5日に鴨川市営球場で行われた、ロッテの紅白戦に行ってきました!

今回はその模様をレポートしたいと思います。

 

千葉ロッテマリーンズ語録集 下克上! 鷗録 (アスリートの言葉シリーズ # 5)
 

紅白戦は満員!

鴨川市営球場には10時半に行ったのですが、既に満員になっていました。

どうやら5500人ものファンが集まった模様です。最高気温17度と寒かったのですが、太陽が当たるグラウンドは暖かかったです。

 

紅組と白組のスタメンはこんな感じでした。今回は紅白戦のため、指名打者が2人で打順は10番までありました。

 

紅組

1(左)伊志嶺 翔大

2(指)岡田 幸文

3(二)中村 奨吾

4(一)井上 晴哉

5(三)鈴木 大地

6(捕)田村 龍弘

7(遊)平沢 大河

8(指)細谷 圭

9(右)肘井 竜蔵

10(中)三家 和真

 

白組

1(右)荻野 貴司

2(中)加藤 翔平

3(左)清田 育宏

4(指)角中 勝也

5(遊)大嶺 翔太

6(指)金澤 岳

7(一)高濱 卓也

8(捕)吉田 裕太

9(三)香月 一也

10(二)大木 貴将

試合結果はこんな感じ

試合は初回から動きました。1回ウラに紅組の先発、大嶺祐太がランナーを溜め、一死一、三塁から角中勝也の打席で平沢大河のエラーにより1点を失います。

 

さらに金澤岳のタイムリーや高濱卓也のタイムリーで、3失点。いきなり苦しい立ち上がりになります。

 

しかし白組も負けていません。三家和真が松永昴大からソロホームランを打ち、反撃を開始して、逆転しました。その後も紅組の細谷圭井上晴哉にホームランが飛び出し、白組では加藤翔平がホームランを放つなど、打撃戦となります。

f:id:tomasonkarimura:20171106172518j:plain

スコアは結局14-7で白組が勝利しました。白組はレギュラー格の選手が多く、実力を見せつけた形となりました。

 

紅組

f:id:tomasonkarimura:20171106172532j:plain

 

白組

f:id:tomasonkarimura:20171106172547j:plain

 

投手の継投はこのような形です。

紅組大嶺祐太南昌輝阿部和成→高野圭佑→宮崎敦次→種市篤暉→安江嘉純

白組:チェン→松永昂大益田直也→有吉優樹→東條大樹→成田翔

 

寒いために仕上がりが遅いのか、どちらの投手陣も打ち込まれてしまい、失点が多かったです。しかし、成田翔は2回無失点と好調でした。若い選手なのに、頑張っています。

まとめ

寒く、遠い鴨川に多くのファンが集まったことは驚きでした。今季は最下位に沈みましたが、多くのファンの方は井口資仁新監督の元、来季のシーズンに期待をかけているのでしょう。

 

打線が好調の代わりに投手が不調。野手もエラーが多かった印象がありますが、来季につながる練習試合だったと言えそうです。