職業野球を追いかけて

引退・戦力外・自由契約になったプロ野球選手を紹介したり、トレードやドラフトなどの各種データを掲載するブログです。

191cm、102kgの大型助っ人投手-スティーブン・ファイフ

スティーブン・ファイフ Stephen Fife

1986年10月4日生まれ アメリカ出身

身長191cm 体重102kg 右投げ右打ち

ユタ大学-ロサンゼルス・ドジャース埼玉西武ライオンズ(2017)

 

NPB通算成績 5登板 1勝1敗0S 0H 21回 防御率6.86

 

メジャーでは2012年から2014年までドジャースでプレーし、合計18試合に登板した。日本では先発投手不足に苦しむ西武が2017年6月17日に獲得し、20日に公示された。

 

150キロを超えるストレートに、カットボール、カーブ、スライダー、チェンジアップを投げて打たせて取るタイプと、入団会見で本人は発表。渡辺久信SDも「大崩れしないタイプ」と期待を寄せた。

 

しかし、初登板となった7月6日の日本ハム戦では、いきなり3回1/3を投げて4失点(自責点は3)。被安打6、与四球4と崩れた。

 

前評判ほどストレートが速くなく、「打たせて取る」というよりも「打たれて取る」投手で、制球も悪い。おまけに三振も少ないため、ピンチの場面を脱しきれない。

 

次の7月12日に行われたロッテ戦では5回2失点と試合を作ったが、被安打6、与四球2と不安定さは変わらず。その後も3試合に登板したが、5回を投げるのがやっとという有様だった。

 

一番の弱点は制球難で、無駄な球が多い。そのため5回で100球ほどのペースで投げることになり、先発としては使いづらさが残った。

 

8月20日の日本ハム戦で4回4失点と打たれたあと、二軍に降格。二軍では10試合で5勝2敗、防御率1.21と好成績を残し、52回で与四球9と無駄な走者を出さなかったが、オフに自由契約となった。最終的な一軍成績は、5登板で1勝1敗、21回を投げて被安打32、与四球13、防御率6.86。

 

191cm、102kgの体格から繰り出される球は迫力がありそうだが、簡単に打ち返されていた。途中加入も救世主とはならず。