職業野球を追いかけて

引退・戦力外・自由契約になったプロ野球選手を紹介したり、トレードやドラフトなどの各種データを掲載するブログです。

強肩は目立ったが、捕球技術に難有り-齋藤俊雄

齋藤 俊雄 さいとう・としお

1983年12月23日生まれ 愛知県出身

身長180cm 体重85kg 右投げ右打ち

豊田大谷高校-三菱自動車岡崎-横浜ベイスターズ(2005〜2009)-千葉ロッテマリーンズ(2010)-オリックス・バファローズ(2011〜2017)

 

※通算成績 175試合 打率.201(273-55)0本 12点

 

高校通算47本塁打を記録した捕手。卒業後は社会人の三菱自動車岡崎に進んだが、親会社の不祥事により野球部が活動休止。

 

 その後2004年のドラフトで横浜から10位指名を受けて入団した。

 

 しかし高校時代に光った打撃は影を潜め、1年目は二軍で38試合出場して打率.160(75-12)、3本塁打。パンチ力を見せつけたが確実性に課題を残した。2年目の2006年は63試合と出番を増やしたが、打率.185(151-28)、3本塁打と、率が伸びない。

 

 2007年も65試合で打率.179(151-27)、4本塁打と打撃に課題を残し続けたが、2008年に二軍で打率.244(90-22)0本塁打と打率を伸ばすと、一軍戦に初出場。打率こそ.179(39-7)だが、25試合に出場した。

 

 相川亮二が移籍して迎えた2009年はチャンス到来の年だったが、野口寿浩(17試合出場)、細山田武史(88試合出場)、武山真吾(49試合出場)、新沼慎二(34試合出場)とライバルが多く、20試合の出場に留まった。

 

 強肩には光るものがあったが、それ以外は今ひとつという印象で、持ち前のパンチ力も一軍では活かせず。キャッチングも危うい部分を見せており、今ひとつ信頼が持てない。

 

 オフに那須野巧と共に、清水直行との交換でロッテへと移籍。2010年は里崎智也も故障などがあり、21試合に出場できたが、二番手捕手の座は的場直樹に譲ってしまった。前述のキャッチングの不安が出場機会を減らした感があり、特に小林宏之のスライダーを捕れていなかった点は印象が悪い。

 

 さらにオフに光原逸裕とのトレードでオリックスへと移籍。移籍1年目の2011年は35試合で打率.243と光るものを見せた。だが、守備ではなんとリーグ最多となる7捕逸。わずか35試合の出場でこの多さは異常だった。

 

 翌2012年は自己最多となる51試合に出場するが、打率.207。しかし、これは捕手のリードに問題の責任を問うことが多い、岡田彰布監督が捕手のレギュラーを変え続けた結果だった。日高剛伊藤光、齋藤の3人は、投手陣が打たれた原因の槍玉に挙げられることも多々あった。

 

 2013年に22試合に出場した以降は2年間一軍出場無し。2016年に1試合出場すると、オフに自由契約となった。

 

 肩の強さには目を見張るものがあったが、不安定なキャッチング技術が台無しにしてしまった感あり。通算本塁打0と、一軍ではパンチ力を発揮できなかった点も痛かった。