職業野球を追いかけて

引退・戦力外・自由契約になったプロ野球選手を紹介したり、トレードやドラフトなどの各種データを掲載するブログです。

数年おきに活躍-横田久則

横田 久則 よこた・ひさのり 
1967年9月8日生まれ 和歌山県出身
身長:185cm 体重:80kg 
右投げ右打ち 那賀高校-西武(1986~2000)-千葉ロッテ(2001)-阪神(2002)
20170430223320

 

1985年のドラフト6位で西武に入団。
入団後にアメリカ留学を経験し、SFF(フォーク)を投げるように。

その甲斐あってか、2年目に5勝をあげる活躍をするが、肩痛に苦しむ。

肩痛が癒えて、再び一軍登板を果たしたのは91年。
  
140km代前半の速球と120km代のフォークを投げており、動画で確認出来る限りの最高球速は144km。
一球だけ、カーブのような球も投げている。

翌年の92年の動画ではMAXが145kmになり、平均球速も少し上がっている。 

91年以後はまた、怪我などが原因で登板が少なくなり、95年にようやく6勝をあげた。

怪我のせいか球速が落ち、130km後半の球が多くなった。
あとは、フォークとカーブを投げている。
97年は成績は悪く、98年に復調。

(グラブの色はどの年代も茶色)

日本シリーズでも第五戦で投げた。(そして、炎上し横浜ベイスターズ38年ぶりの日本一に貢献)
ちなみに、東尾監督は第四戦後のインタビューで「明日は待ちに待った横田が投げます」と言っていたが、西武ファンは果たして待っていたのだろうか。 

00年に登板が無く自由契約になると、テストでロッテに入団。
ロッテも一年限りで解雇されると、翌年は阪神へ。
その阪神も一年で退団すると、翌年は台湾の兄弟エレファンツへと移籍した。
引退後は、富山サンダーバーズのコーチ、監督を務め、今は西武ライオンズで二軍投手コーチ。 

91年以降の怪我が原因でフォーク主体の技巧派に転身した投手と見て問題はないだろうか。
また、フォークボールは空振りを奪うフォークとストライクをとるためのフォーク、二種類を投げ分けていたようだ。