職業野球を追いかけて

引退・戦力外・自由契約になったプロ野球選手を紹介したり、トレードやドラフトなどの各種データを掲載するブログです。

謎の外国人捕手-ケビン・モスカテル

ケビン・モスカテル Kevin Moscatel
1991年5月6日生まれ ベネズエラ出身
身長:185cm 体重:80kg
右投げ右打ち エブライカ高校-カージナルス1A(2008~2012)-横浜DeNA(2013~2014)

※一軍出場なし
 

カージナルスの1Aに入団後、日本に来て、横浜DeNAと育成契約を結んだ変わり種選手。
まだ22歳という若さでのプロ野球入団だった。

一年目の2013年は、20試合でヒット6本、打率.207 0本 2打点という成績だった。
また、9月には自身が公文に通って日本語を勉強していることをツイッターで明かしている。
二軍戦終了間近の時期には、捕手ではなく、一塁手として出場することもあった。

二年目は17試合の出場にとどまると、21打数1安打 .048という成績に終わり、シーズン終了後に引退を表明。
あまりにも早く、また若すぎる引退だったが、やはり、捕手の外国人は難しいものがあるのだろうか。
私事だが捕手としての技量、肩の強さなどを観る前に引退してしまったことは、なんとも残念である。


※参考文献 ケビン・モスカテル選手の引退について